サンライズそれは、ロボットアニメを数多く制作したアニメ会社

サンライズそれは、ロボットアニメを数多く制作したアニメ会社だ。
しかし、近年のサンライズのロボットアニメやSFアニメはアレッ?みたいな作品ばっかりだ。
具体的には種死とか…。
宇宙ものも中途半端だったな。
サンライズ作品のパロネタアニメと豪語していたが…。
そんなにヒットしてなかったね!
種死では、予算使いすぎて劇場版Ζが全部新作映像にできなかったとかまでいわれたからな。
富野本人は全部新作映像にしたらΖガンダムじゃなくなるからと発言しているが、映像の温度差が激しいから統一してほしかったと感じる。
日野社長にガンダムを任せたのが失敗というか親子三世代をやったのはいいが明らかに尺が足らなかった。
無駄なキャラクターも多く全体的にまとまってなかったが…。
個人的には敵も味方もガンダムで美形キャラクターオンリーでなかったからまだマシに感じた。
けど視聴率がやっぱり悪くそのせいで、Gのレコンギスタは深夜枠だってさ!
銀魂すら夕方枠でしぶとく放送していたのにな。
ガンプラの売れ行きも悪く出来自体はすばらしいが作品が評価されてないから売れないんだな。

ソードアートオンラインⅡを見ています

大ヒットしたソードアートオンラインの続編として、ソードアートオンラインⅡが放映されています。ソードアートオンラインといえば、主人公キリトの圧倒的な強さ(いわゆる俺TUEEEEEE)が象徴されますが、ソードアートオンラインⅡは、剣と魔法の世界が舞台だったソードアートオンラインとは違い、銃がメインの世界でした。
そのため、剣の名手だったキリトの強さがどうなるか、がソードアートオンラインⅡの見どころの1つでしたが、何の問題もありませんでした。キリトは、なぜか存在したライトセーバーで敵を斬るというソードアートオンラインと同じことをやってのけました。相手が銃を撃ってきたら?もちろん、ライトセーバーで跳ね除けます。スターウォーズのジェダイの騎士のようなことをやってのけたのです。さすがキリトさん。
しかし、ソードアートオンラインⅡでも、ソードアートオンラインでの因縁が立ちはだかります。相手は、ネットゲームの銃でリアルの人間を殺すことができるデスガンで、キリトとソードアートオンラインで戦ったことがある相手のようです。かつての因縁を振り払うことができるか、そこもソードアートオンラインⅡの見どころの1つです。
俺TUEEEEEEなアニメが好きな方にはお勧めのアニメです。

絶対ハマるヴァンパイア騎士!!

私がここ数年で1番ハマった漫画です!!
単行本も最終巻が出て物語は完結しているのですが是非まだ読んでいない方にお勧めしたい漫画です!!
ヴァンパイアと人間のお話なのですが初めは学園もの、イケメン揃い、ヴァンパイア~といった感じなのですが段々シリアスになってとても壮大なお話になっていきます。
まさか主人公が・・・・・だったなんて、でまずかなりびっくりしました。
そして主人公が想いを寄せている相手が主人公の・・だったなんて、と前半は本当にびっくりすることだらけです。
これからどうなっていくんだろうと毎回ドキドキしながら読んでいました。
少女漫画なのにただの恋愛ものではなくて凄くなんていうんだろう。。複雑な恋愛?最終回も凄くびっくりするような内容で終わりました。
続編を期待できるような終わり方だったので私は今でもこの続編があれば読みたいとずっと思っています。
アニメ化もされアニメの方はまだ連載中だったのもあり、アニメオリジナルの終わり方だったのですがこの漫画だけは本当にアニメよりも漫画で、そのキャラクター達の複雑な心の描写などを見て色々感じてもらいたいと思います。本当におすすめです!!

月刊少女野崎くん(アニメ)が面白い

2014年7月から始まったアニメの中で一番面白いのは、月刊少女野崎くんです。タイトルと絵柄から少女漫画系のアニメかな、とあまり期待していなかったのですが、そのギャグはかなり面白いです。画面の前で声出して笑ったアニメは久しぶりで、みて良かったと満足しています。
内容は、ヒロイン佐倉千代と少女漫画家の野崎くんを中心に、人見知りのイケメンアシスタント御子柴(みこりん)、歌が超うまいが性格は最悪の声楽部のローレライこと結月、学園一モテる演劇部の王子様鹿島くん(女子)、サボり魔の鹿島君を目の敵にする演劇部部長堀先輩、野崎くんの後輩でなぜか結月に気に入られている若宮くん、が繰り広げる学園ラブコメなのですが、野崎くんが恋愛フラグをことごとく壊しているので、ラブが抜けて学園コメディという感じになっています。ギャグとしては、お笑いコンビのアンジャッシュがよく使うようなすれ違いや勘違いネタが多いです。
TV放送はもうすぐ終わりますが、多分ニコニコ動画で一挙放送をやると思いますので、未視聴の方、その時はぜひご覧になってください。

どんどん謎が深まっていく。

私が最近注目している漫画「アイアムアヒーロー」です。この作者の前作を読んでいたので今回の漫画もなかなか面白いだろうと思って読み始めました。ただ第1巻は正直なんだこれは?という先が全然判らないような内容でした。ちょっと妄想壁のある売れない漫画家の日常ものなのかと思っていました。それが第2巻を読んでびっくり。ゾンビ漫画でした。そこからはもう早く続きが読みたくて読みたくて。どんどん物語が進んでいくにつれてゾンビについての詳細が徐々に判明していく…かと思いきやさらに謎が深まっていく。これはハマります。この作者の描く主人公は、非リア充なところがほかの王道漫画と違うんです。そこに親近感が沸いてしまう。今回の主人公は日常で生活していたら冴えないおじさん。そんなおじさんがゾンビによって世界が変わってしまった中で少しずつ逞しくなっていく姿にムネアツです。そしてこの漫画、主人公に深くかかわっているとか関係なくどんどん容赦なくゾンビ化していってしまうんです。どんどん感情移入していた人ですらゾンビ化してしまう。無情ですがこれもはまってしまう一因です。
はだかんぼ教育 無料 http://www.childrenofconflict2012.org/

「聖戦士ダンバイン 女戦士ガラリア・ニャムヒー」

最近昔のアニメを見ています。
80年代に放映されたサンライズ制作「聖戦士ダンバイン」を見ていたところ初期のキャラクターに注目しました。
「聖戦士ダンバイン」は富野由悠季氏が総監督を努め宮崎駿氏の「風の谷のナウシカ」にインスパイアーされた作品とされています。
その世界観は現代世界から異次元の「バイストン・ウェル」へ地上人と呼ばれる現代世界の人間が妖精の力によって召喚され戦争に巻き込まれていくストーリーです。
「バイストン・ウェル」は中世ヨーロッパの文明を背景にしていて「オーラーバトラー」と呼ばれる昆虫をモチーフした人間の持つ生態エネルギーで活動する兵器が主力になって戦乱に堕ちいていく世界です。
そのオーラーバトラーに乗り込んでいく女戦士のガラリア・ニャムヒーと言うキャラクターがいますが作品上この人の生き方が印象的です。
野心家ですきがあれば仲間を出し抜いてでも出世につなげようと言うハングリー精神で戦います。
失敗続きなのですが女でも野心に任せて戦う姿は物語上悪役なのですが魅力を感じます。
声優さんも上手く演じていて彼女をよく表現していますが声優を担当していた「西城美希」さんはこの作品以降声優活動はしておらずネットでも彼女に関連されるタグもなく現在の活動はわかりません。
しかしながらこの「ガラリア・ニャムヒー」は根強いファンが多く専門サイトがあるくらいでファンの愛情が感じられます。
ファンサイトができるぐらいの悪役キャラクターって珍しく、それを含めて改めて「聖戦士ダンバイン」の魅力を感じました。